バイト 悩み解決

スーパーのレジバイトがきつい...どうしたらいいの?【対処法4選】

 

スーパーのレジバイトがきついです…どうしたらいいのでしょうか?

 

本日はこのようなお悩みにお答えします。

 

スーパーのレジバイトきついですよね...

僕自身もスーパーのレジバイトを2年間続けていましたが、苦しいことの連続でした。

 

一時アルバイトのときだけ体調が悪くなるという軽いノイローゼ状態になってしまっていたこともあります。

それでも2年間レジバイトを続けられたのは記事後半で伝えている方法で、気持ちを切り替えられたからです。

 

そこで本記事では、あなたがスーパーのレジバイトを辛く感じている原因を僕の実体験ベースで挙げていき、その後に対策方法を紹介しています。

ぜひご覧ください。

 

スーパーのレジバイトがきつい...どうしたらいいの?

スーパーマーケット

スーパーのレジバイトがきつい原因4つ

立ちっぱなしがきつい

 

レジバイトあるあるとして立ちっぱなしがきついことが良く挙げられますよね。

 

特にスーパーのレジバイトは、お客さんがひっきりなしにくるので、とても途中で座れるような環境ではない場合がほとんど。

 

長いときは4時間以上立ちっぱなし、接客しっぱなしというときもあり、労働基準法に違反してない?ということもしばしばありました。

店員を人間だと思ってないお客さんがいる

 

自分が商品を買えれば、店員に何を言っても、どんな態度をとっても良いと思ってるお客さんいますよね…

 

こっちがポイントカードがあるかなどをお聞きしたり、お釣りを渡したときなども無反応…

このようなお客さんの存在は、確実に私たちの心の中をむしばんでいきます。

 

接客業の宿命

 

仮に99人の方がお辞儀をしてくれたり、ありがとうと言って下さっても1人から最悪な態度を取られてしまったら、帳消しになってしまう。

 

これが原因で、レジをすることが嫌になってしまっている人も多いのではないでしょうか?

 

レジ打ちを間違えたときの罪悪感

 

レジ打ちを間違えたときの罪悪感というかやるせなさは、本当に辛いですよね、

 

人間誰しも間違えてしまう生き物なのに、絶対ミスが許されないという矛盾がかなりストレスだった記憶があります。

 

僕の働いていたところでは、レジ打ちを間違えるとそれがカウントされ、全体に迷惑がかかってしまう制度だったので、プレッシャーが凄かったです。

 

確かにお金関係のミスはお客さんからの信頼を失わせる行為でもあるので、絶対ミスをしてはいけないというのは重々承知はしているんですけどね。

 

それなら絶対にミスが出来ないような仕組みを作ってほしいものです…

 

混んでるとトイレにもいけない

 

最初に挙げた立ちっぱなしに通ずるところがあるのですが、混んでいるとトイレに行けないというのが僕は本当にだめでした。

 

いくら仕事がきつくてもお給料を頂いている以上、耐えなくてはいけないのは分かるのですが、トイレに行けないといった生理現象まで我慢しなくてはいけないというのは、辛すぎました。

 

ここまでスーパーのレジバイトが辛い原因を4つ挙げました。

ここからは、どうやって僕がスーパーのレジバイトを乗り越えていったかについて紹介します。

 

スーパーのレジバイトがきつい...その対処方法は?

自分の代わりなんていくらでもいるや精神

 

本当にきついと思ったら、

自分の代わりなんていくらでもいるや

こう思うようにしましょう。

 

そんな無責任な!

 

こう思われる方も多いかもしれません。でもこれは事実なんです。

 

仮にあなたが辞めたとしても、そのお店は次の日もいつものように回っていくんです。

 

そしてここまで思い詰めてしまうのは、真面目な方が多いです。

少しくらい肩の力を抜いたくらいの方が、ちょうど良いのではないでしょうか。

 

嫌なお客さんが10人になったら自分にご褒美!

嫌なお客さんが来たら、こう思うようにしましょう

 

嫌な人が来たカウントが増えた!

 

この嫌な人が来たアカウントが10たまったら、ご褒美にスイーツを買って帰るということをしていました。

こうすることで、嫌な人がたくさん来た日はご褒美をもらえるし、逆にこのカウントがたまらなかった日は、精神衛生上良いということになります。

 

なんて素晴らしいシステムなんでしょうか!

 

腹式呼吸&滑舌を意識

1日中同じような接客用語を言っていると嫌になってきますよね。

 

そこで僕は、せっかくならこの経験を活かしちゃおうということで、腹式呼吸&滑舌を意識して接客に取り組んでいました。

 

もちろん基本的な接客&笑顔ができるようになってからですよ!笑

 

自分がアナウンサーや声優を目指しているかのように、接客を心がけていくことで、なにか楽しくなってくるんですよね。

 

また普段友達や家族と話しているときも、ハキハキと会話できるようになりますし、他の接客業に変わったとしてもその経験は役立ちますよね。

 

何で毎回同じこと言わなくちゃいけないんだ…と嘆くのではなく、全部自分の経験にしてやるんだ!という意気込みで取り組んでみましょう!

 

それでも辛い方は…

それでもレジバイトが辛いと感じる方は、無理しすぎないことが一番だと僕は思います。

 

自分の身体の健康を守ることが一番ですしね。

 

僕もノイローゼ気味になっていたところ、この記事で紹介した方法と切り替えられたおかげで2年間続けることが出来ましたが、全員が上手に切り替えられるとは限りません。

 

そこでどうしても私には向いてないなと思う方は、バイト先を変えてみるのも1つの手です。

 

あなたが今駅前やバス停の近くなど立地が良いスーパーでバイトしているなら、少し町から外れた場所に変えてみるなどの対策ができます。

 

同じ接客業でも職場の環境によって、雰囲気が全然違いますからね。

 

マッハバイトを使えばお祝い金が最大1万円もらえるので、求人だけでも探してみるのもいいのではないのでしょうか?


まとめ

 

本記事ではスーパーのレジバイトがきついという方に向けて辛くなる原因と対策方法を紹介しました。

 

まとめると、

原因

・立ちっぱなしが辛い

・嫌なお客さんが来る

・レジの打ち間違いがストレス

・トイレに自由にいけない

対処方法

・自分の代わりはいくらでもいる精神

・嫌なお客さんカウント

・腹式呼吸&滑舌を意識

・職場を変える

となります!

 

本記事が参考になれば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。


 

-バイト, 悩み解決

Copyright© あきたかブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.