レポート

レポートが書けないを解決する方法【才能はいらない】

 

レポートが書けません...僕は文章を書く才能がないのでしょうか...

 

このようなお悩みにお答えします。

 

レポートを書きたいのに、なにから書けばいいか分からないと、本当にイライラしますよね。

 

僕も慣れていないときは何から書いたらいいか分からず、PCの前で1時間以上なにもできないということがありました。

 

しかし今ではレポートを書き始めるためテクニックと考え方を知ったことで、今では1時間で2000~3000文字(原稿用紙5~7枚分)を書けるようになりました。

 

今回はそんな、レポートを早く書き終わる方法をテクニックとメンタル面の2つに分けて紹介したいと思います。

 

レポート(課題)が書けないを解決する方法

レポートを書くためのテクニック

 

レポートが書けないを解決するテクニックは、以下の3つです。

 

テクニック

・完璧主義を目指さない

・上手い文章を書こうとしない

・短期集中を繰り返す

 

一つずつ解説していきます。

 

完璧主義を目指さない

 

始めに紹介するのは、完璧主義を目指さないという点です。

 

「レポートが書けない...」と悩んでいる人の大半は、最初から完璧なレポートを書こうとしてしまいがちです。だから一文ずつ書いては消してを繰り返して、ものすごい時間がかかってしまうんですよね。

 

僕はまずどんなに汚い文章でも、最後まで書ききることをオススメしています。

 

レポートを書ききることで、全体の文章の流れから「ここはおかしいな」とか「この情報が足りないな」と思って、書きなおすことができるのです。

 

最初から完璧な文章を書こうとしない。まずは最後まで書いてしまいましょう!

 

どうやってレポートを最後まで書いたらいいか分からない方は、PREP法で書くのがオススメです。

 

PREP法とは

結論→根拠→具体例→結論の順番で書く方法のこと

 

このブログも、ほとんどがPREP法の繰り返しで作られてます!

 

上手い文章を書こうとしない

 

2つ目に紹介するのが、上手い文章を書こうとしないということです。

 

僕たちは小説家さんのように、人の感情を揺さぶるような文章を書く必要はありません。

 

レポートを書く上では、教授に伝わる文章を書くことが最も大切です。

 

じゃあ“伝わる”文章を書くためには、なにをしたらいいのか。

 

ポイント

それは文章を声に出して読むということです。

 

声に出して読むことで、文章の矛盾点や、つっかかりのポイントが分かり、伝わる文章に変わっていきます。

 

レポートをとりあえず書き終えて、声に出して読んでみましょう!

 

短期集中を繰り返す

 

テクニック面で最後に紹介するのは、短期集中を繰り返すという方法です。

 

25分やって5分休憩のような小刻みに集中を繰り返す方法です。

 

これはポモドーロテクニックとも言われ、集中力を最大化するために用いられています。

 

レポートを一気に2~3時間で終わらせようとするから、途中でガス欠となり、やる気が落ちてしまうのです。だからこそ小刻みに進めていきましょう。

 

細かい休憩をとることで、結果的に長い時間集中することができますよ!

 

レポートを書くときのメンタル

 

ここまで、レポートが書けない際のテクニック面の話をしてきました。

とはいっても、どうしてもやる気がでないときってありますよね。

 

そんなときのための、メンタル面の解決方法を紹介します。

 

結論からいうと、以下の3つです。

 

メンタル

・現実逃避する

・自分を許す

・友人に相談する

 

一つずつ紹介していきます。

 

現実逃避する

 

始めに紹介するのは、現実逃避するという方法です。

 

そんなの甘えだよ...

 

と思われた方もいると思います。でもPCの目でただぼーっとしてるだけで、時間がすぎてしまうほどもったいないことはないですよね。

 

まだ提出時間に余裕があるなら、楽しみにしてたドラマやアニメを1話見るなどして、勇気をもって休憩してからレポートに取り組んでみて下さい。

 

休憩するとやる気が自然と湧いてきて、集中して取り組めるようになりますよ!

 

自分を許す

 

2つ目に紹介するのが、自分を許すという方法です。

 

レポートが出来ない自分に対して、「なんて私(僕)はだめなんだ...」と落ち込んでしまうと、さらに悪循環を生んでしまいます。

 

あなたは「レポートを書くのに慣れていないだけ」なので落ち込む必要はありません。

 

また以下の記事で紹介しているレポートを速攻で終わらせる方法を実践することで、確実にレポートを早く書けるようになります。

<<【簡単】レポートを速攻で終わらせる方法【即実践可能】

 

自分を責めてしまうのではなく、ポジティブ思考で、

 

友人に相談する

 

最後に紹介するのは友人に相談するという方法です。

 

レポートを書く際は孤独になりがちです。

 

そうやって一人で作業していると、「辛い思いをしているのは自分だけなんじゃないか」と考えてしまい、病んでしまうんです。

 

そんなときは友人に相談して、一緒に乗り越えましょう。オススメは電話をすることです。

気分が晴れて気分転換になりますよ!

 

相談できる友人がいないときは僕に連絡ください...!

 

まとめ

 

今回はテクニック面と、メンタル面の2つに分けて紹介してきました。

 

最後にまとめると、

 

テクニック

・完璧主義を目指さない

・上手い文章を書こうとしない

・短期集中を繰り返す

 

メンタル

・現実逃避する

・自分を許す

・友人に相談する

 

レポートが書けず悩んでいる方は、自信を持ってください。

 

文章は書けば書くほど、上達していきます。

 

現在大学1年生、2年生の方はこれから何度もレポートを提出する機会があると思いますが、本ブログではそういったあなたに向けて、レポートを早く仕上げる方法を紹介しています。

 

ぜひ参考にしてください。

<<レポートをその日に終わらせる方法5選【期限ギリギリとはおさらば】

-レポート
-

Copyright© こーよーブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.