student

読書のメリットはなに?大学生こそ本を読むべき理由5選!

大学生こそ本を読むべきっていわれているけど、イマイチ読む気になれないです…

本を読むことのメリットや、気軽に読める方法を教えてください…

かしこまりました!現役大学生である私が、大学生こそ本を読むべき理由と

読書のハードルを下げる方法を紹介していきます!

【大学生必見】読書のメリット5選とそのハードルを下げる方法

この記事はどんな人が書いているの?

 

・もともと読書嫌いだった

・頑張って月5冊本を読む習慣を半年続けてみた

・本から得た知識で、考え方が大きく変わり気が楽になった。

 

この記事を読まれる方へ

 

この記事を読むと以下のことについて知れます

 

・本を読むべきメリットがわかる

・本を読むハードルを下げる方法を紹介する

 

スマートフォンが発達した現代において読書の需要が減ってきたように思えますよね…

 

しかし、読書をする習慣を身に着ければあなたの人生がもっと豊かになります。

 

この記事では読書をするメリットや、圧倒的に読書に対するハードルを下げる方法を紹介しています。

 

今日からあなたも読書家になりましょう!!

読書することで得られるメリット5選

知識量が増える

まずはじめに、読書をすると当たり前かもしれませんが知識量が増えます。

 

この世の中には知っているか知らないかで、大きな得をしたり損したりすることがあります。

 

テスト期間のときを例に出します。もしわからない問題がでてきたら参考書を開いて調べ探しますよね?

 

テスト勉強のときにそうして調べるなら、日常の生活を豊かにするために読書をしてみませんか?

 

お金はどのような仕組みで経済を回しているのか。物事をもっと前向きにとらえられる方法はないか。よく眠れる方法などはないか。

 

上で挙げたようなことでちょっとでも興味の持った方がいれば、読書家になれる素質を持っています。

日常のなかでふと知りたいなと思った分野の本を探してみてぜひ読んでみてくださいね!

 

文章力が高まる

 

次に文章力が高まるというメリットがあります。

 

たくさんの本を読むと、文章作成のプロたちの文章をたくさん見ることになるため、自然と文章力の基礎が身についていきます。

いやーもう受験も終わったし文章力なんて必要ないよ。

 

と考えるのは少し待ってください。

 

文章力が高いと以下のようなメリットがあります。

 

・伝えたいことを正確に伝えられる

・論理的思考が身につく

・相手に信頼を与えられる

 

1つ1つ解説していきます。

 

伝えたいことを正確に伝えられる

 

文章力が高まると、相手に情報を正確に伝えることができます。

 

たとえばラインやSNSで友達や先輩とやりとりをするとき、伝えたいことがなかなか相手に理解されなかったらムズムズしますよね。

 

社会人になってからも、会社にとって大切な情報をやりとりするとなったとき、誤解を生むような文章だったら大変ですよね。

 

そのため文章力をつけることはとても大切なのです!

 

 

論理的思考が身につく

 

文章力が高いということは、読む人に分かりやすく書けているということですよね?

 

相手に分かりやすい文章を書くためにはこの論理的思考は必須なのです。

 

文章の中に矛盾している点はないか?相手に分かりやすく伝えるためにはどのように順序立てるとよいか?などと考えることで、論理的思考をする癖がつきます。

 

この癖をつけて論理性を鍛えていきましょう。

 

相手に信頼を与えられる

 

分かりやすい文章は相手に信頼を与えます。

 

ところどころ矛盾があったり、とんちんかんな文章であったらあなたは、相手に対して信用しませんよね。

 

例えば、あなたが知りたいなと思ったことに対してGoogleで調べたとき、分かりやすくまた、読みやすい文章であったらそこに書いてあることは信用できますよね。

 

以上の主に三つの視点から、本を読むことで得られる文章力は多大なメリットがあることが分かります。

 

想像力が高まる

読書をすると想像力が高まります。

 

これは小説でも、実用書でもどちらでも身に付きます。

 

小説はいわずもがな、自分が別世界へといけるすてきなものですよね。

 

しかし、アニメや映画と違い、登場人物のしぐさやその場の風景はぱっとみてもわかりません。

 

その心情や風景を作り出すものは何か、それはあなたの想像力なのです。

 

想像力が豊かになればなるほど小説の世界に対してたくさんの解釈が生まれ、その世界に入り込めます。

 

これは実用書でも同じです。筆者が問いかけた言葉に対して、

 

この人はどのようなことを伝えたいんだろうその背景は何だろうかと考えることが想像力を育みます。

 

そして実際に想像力が高くなれば、1つのアイデアに対して多くの考え方を持つことができ、人よりクリエイティブな意見を生み出しまわりより差がつくこと間違いなしです。

 

 

すごい人の頭の中身がのぞける

読書をすることで、あなたの尊敬するひとや大企業の社長の頭のなかみを覗くことができます。

 

実際にその人たちの話を聞けるチャンスなんてめったにないですよね。

 

そのチャンスを読書は可能にしてくれます。

 

数百円~数千円だけ払えば知れるなんてこんなにコストパフォーマンスが高いものはないですよね!

 

今からでもすごい人の頭の中身をのぞいてみましょう!

 

 

ほかの人と違ったアプローチができる

 

読書をすることで、ほかの人と違ったアプローチで物事を考えることができます。

 

みんなが悩んだり、落ち込んだりするようなことが起きても、事前に本を読んでいて解決策がわかっていればそれだけで心は軽くなります。

 

また解決策が分からないのであれば解決のヒントをくれるような本を読んでみれば良いのです。

 

物事に対するアプローチが多ければ後々自分を救ってくれます。読書をしてその術を学んでいきましょう!

 

読書のハードルを下げる方法

 

興味のある分野の本を探してみる

本

 

読書のハードルを下げる方法として、自分の興味のある分野から読んでみるという方法があります。

 

自分が興味のある分野の本だったら読むのも苦で無いですよね。

 

最初のキッカケを作ってしまえばきっとあなたも読書のとりこになり、ほかのジャンルの本にも手が届きますよ!

 

習慣のなかに組み込んでみる

 

習慣の中に読書の時間を組み込んでみるのもオススメの方法です。

 

ちなみに筆者は寝る30分前に読書をする習慣を続けています。

 

寝る前にスマートフォンなどのブルーライトの光を浴びると、睡眠の質が悪くなるというデータがあります。

 

つまり読書の習慣を寝る前に取り入れれば、知識量も増えて睡眠の質も上がったりと一石二鳥です!

 

また移動中にスマホを見てる時間を読書につかってみるのもいいですよね!

 

電子書籍で読書を楽しんでみる

 

電子書籍で読書してみるのもオススメです!

 

Kindleのアプリをスマートフォンにいれればいつでも読書をすることができます。

 

また筆者のおすすめはKindle Paper Whiteで読書をすることですね!

 

何が一番良いかというと、読書に集中できるからなんですよね。

 

どうしてもスマートフォンで読書をしていると、ついついYouTubeを見てしまったりゲームをしてしまいますよね…

 

その誘惑を断ち切るためにもKindle Paper Whiteはおすすめです!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

この記事では大学生こそ本を読むべきということで、読書のメリットとそのハードルを下げる方法を紹介いたしました。

 

もう一度まとめてみると

 

本を読むメリット

・知識量が増える

・文章力が高まる

 ・想像力が高まる

 ・すごい人の頭の中身がのぞける

 ・  ほかの人と違ったアプローチができる

ハードルを下げる方法

・ 興味のある分野の本を探してみる

・ 習慣のなかに組み込んでみる

・電子書籍で読書を楽しんでみる

 

このような感じです。

 

ぜひ参考になることがあれば試してみてくださいね!

 

それでは良い読書ライフを!!

 

-student
-, ,

Copyright© あきたかブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.